JOURNAL

紅葉、足湯、行楽のお供

いつものように「おはよう」と目覚めると、

なんだかみんな、その声がかれています。

 

そぅ、少しだけ窓を開けて寝てしまったのです。

 

そうだ、もう秋だったんだ。

 

うっかりしていました。

 

先日、次男のお友達たち4家族で東京のあきる野市、秋川渓谷の方へ日帰り旅行をしてきたのですが、その帰りに寄った温泉、【秋川渓谷 瀬音の湯】がとてもよかったです。

友達家族は温泉へ行きましたが、我が家は足湯(※無料)と直売所を満喫しました。

 

宿泊もできて、源泉かけ流しの温泉もあり、秋は紅葉も楽しめて、お食事まで食べられる!

 

が、しかし、うちの旦那は文化の違いで湯船に浸かる習慣がなく、温泉に入ったら"そんなに赤くなる?"というくらい肌がびっくりしてしまうようです。

更には温泉の入浴ガイドというか、入浴ルールがありますよね。

 

それがなかなか気を使うようで、リラックスできないようです。

 

例えば

-身体を洗ってからご入浴

-私物の管理

-浴槽の中にタオルを入れない

-サウナ利用時は、体を良く拭いてから利用する

 

など、日本人ならなんとなく文化として当たり前のように感じますが、、、もし私が異国の地で温泉やサウナに入ろうとなれば、その地のしきたりがありますよね。

 

私も緊張すると思います。

 

だから、お風呂は自宅でゆっくり入るとして、足湯を楽しみました!

子どもたちも足湯は大好きです。

 

足湯に入る際に"あ、やっぱり便利だな"と改めて思ったのがこのMATO by MARLMARLのBOOKLET PURSE TERRA /2wayウォレットバッグです。

 

必需品を持ち歩くのにちょうどいいサイズ感で、現金、カード類、携帯、バンドエイド、ハンカチ、ティッシュをこの日バッグに入れて一日中身につけて過ごしました。

 

釣りの最中も、BBQの支度の際も、お片付けの時も、足湯に入る時も、一日中身につけていたのに疲れなかったのです!

 

私は長さ調整可能な肩紐を調整して、なるべく腰の位置にくるよう自分のカラダに合わせて使っています。

ジェンダーフリーなデザインが、この日のカジュアルスポーティーなコーディネートにもマッチし、それどころか、カジュアルコーデを高見えさせてくれるバッグなのです。

 

上質な素材は、害獣としてやむおえず駆除された鹿の革を利用した「ポルティラレザーⓇ」。

自然の風景にも溶け込む素材と色合いがすごくお気に入りです。

 

瀬音の湯の直売所の前に休憩スペースがあり、 

そこのテーブルとイスがなんとも可愛らしく、思わず写真を撮ってしまいました。

本物の紅葉(もみじ)がデザインの1部となり個性を引き立てていました。

そんな事をしながら、ふと、子どもたちに目を向けると、足湯のはずなのに次男がびしょ濡れ、、、

なんで?

まぁ、このバッグなら両手が空くから、どんなハプニングもすぐに手を差し伸べられるから大丈夫!笑  

我が家はハプニングの連続で、子どもたちに振り回されながらも、毎日楽しませてもらっています。

 

今日も笑いをありがとう♡

 

ページの上部に戻る