JOURNAL

ママ友たちと台湾旅

台湾は日本から時差ー1時間だし、松山空港(台北)を利用すればタクシーで市内まで15分くらい。着いてすぐに遊べるのも魅力の国だ。


台北に来て1番感じた
『人を思いやる心の豊かさ』。
毎日子育てに追われている私、ちゃんと相手に気持ちを伝えられているのだろうか?


ワガママと素直は違う


あなたのために正直に言う

困ってる人を放って置けないのか、
みんなが気にしてくれて声かけてくれる

 

「とにかく食べなさい」と試食させてくれる。美味しいでしょ?とただ微笑む。
買わなくても怒られない
(試食で結構お腹が膨れた)


人の優しさに触れると
自分の未熟さに気づく


2020年 東京オリンピックのボランティア募集のエントリーに悩んだが数回の面接があり、子どもを預けて行くわけにもいかないなと断念。

でも、台湾に来て思った


東京オリンピックでボランティアとして活動できなくても、困ってる人に声をかけることはできる!
街中どこにいても。


その姿を子どもにも見せてあげたいし
子どもにもそうであって欲しい。


まずは困ってる人に気づけるよう、
時間に余裕のある生活を整えなければならない

このタイミングで台湾に行けてよかった


学びのある旅になりました


たまにはママ業を休むのもいい
自分を見つめなおせる


また行きたい国、台湾。
やさしさをありがとう!

ページの上部に戻る