JOURNAL

ギリシャ旅行 アテネ編

昨年、秋に夫と娘と3人で9泊10日でギリシャに旅行にいったときの写真です。まずはアテネで2泊し、パルテノン神殿のあるアクロポリスの丘へ登ったり、その周辺の遺跡や市の中心地をまわりました。

約2500年前から建っているパルテノン神殿や遺跡を目の前にすると、スケールの大きさと歴史の重さに特別な高揚感と感動がこみあげてきます。今までロンドンの大英博物館やベルリンのベルガモン博物館、パリのルーヴル美術館などでギリシャ文明やヘレニズム文化の遺跡の一部や美術品にふれ、そのたびにその歴史と美しさに魅了されてきたので、そのオリジナルの場所を訪れることができてとても嬉しかったです。今までみたものを頭の中で呼び出しながら興味深く見学しました。またこのパルテノン神殿の建築様式は、今もなお、現代建築の基礎となっているとのこと。2500年前を生きた人々と現代の私たち、長い月日を経て文化で繋がっていると思うとなんだか不思議な気持ちになります。

アテネ市内はオリーブオイル製品やコットン製品のお土産物やさんがたくさん。食べ物も美味しいところが多く、シーフードや美味しいオリーブオイルをつかったギリシャ料理が楽しめました。とくに食堂で食べたズッキーニとアボカドのホワイトバルサミコソースのサラダは、オリーブオイルの美味しさが決め手となる美しくシンプルなサラダでした。 

ページの上部に戻る