JOURNAL

母を休業してチューリッヒへ

あけましておめでとうございます。まだまだ拙い記事ですが、今年もおつきあいよろしくお願いいたします。みなさま、笑顔あふれる一年になりますように。

昨年のクリスマス前、娘を夫に預け、お友達とチューリッヒに日帰りで遊びにいってきました。チューリッヒは我が家から電車で1時間半ほど。スイス最大の都市です。都会的で洗練されたチューリッヒはとても刺激的。楽しかった2つの場所を紹介します。

Löwenbräukunst ( https://www.loewenbraeukunst.ch )
日本でも親しまれているレーベンブロイのビール工場の跡地を改装し、中に美術館やギャラリー、アートブックショップなどがはいっているアートな場所。
このギャラリーでは草間彌生さんの作品もありました。

廊下は工場の雰囲気を残しています。

イベントスペースでは図書館カフェが開かれていたり。




IM VIADUCT ( https://www.im-viadukt.ch/en/home/?lang=set )
鉄道の高架橋の下につくられた500メートル以上におよぶ商業施設。マーケット、カフェ、ショップ、クラブ、起業家のコミュニティスペースなどが集まっているおもしろい場所です。

お花やさん

チーズ屋さん

この日の娘を預けてのおでかけは、実は出産してから初めて。
決まった時からとても楽しみにしていて、当日ははりきって朝5時に起き7時には電車に乗っていました。
あいにくの雨も私にとっては全く問題なし。なにをするにも自分の身軽さに感動しながら、上品なカフェに行ったり、予定をぎゅうぎゅうに詰め込んだり、食堂車に乗って帰ったりと、普段はあきらめるか娘の様子にドキドキしながらになってしまうことも満喫し、とてもリフレッシュしました。

娘と離れる不安もありましたが、娘も夫と楽しい時間をすごしたようで、一安心。半日離れていた夫と娘への感謝も改めて感じることができ、ハッピーな1日となりました。

ページの上部に戻る