JOURNAL

いつかのツリーハウス

住宅街をちょっと歩けばツリーハウスに出くわす。いつも小さく感動して、足を止めて、背伸びしながら窓の向こう側を想像せずにはいられない。ポートランド暮らし7年目。夕方の息抜きタイム。

ページの上部に戻る