JOURNAL

ちまき。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



リモートワーク中の皆様いかがお過ごしでしょうか?

そもそも職業柄打ち合わせをメールや電話などで終わることも多かったので
リモートワークといってもあまりピンとこない日常ですが、たまに外出する打ち合わせが割と楽しみでした。

今はリモートワーカーな会社員の方も大勢いらっしゃるのでもうほとんど打ち合わせに行くという事も無くなって結構悲しい感じです。



リモートワーク中は子供達と一緒にいる時間もより一層増えてきております。

同じマンション内での平日の親子遭遇率もぐんと増えております。

子供といえばこの時期子供の日ということで、息子としっしょに兜を飾りを出して飾りました。
この兜は僕が幼少の頃から実家で飾っていたもので、箱もふくめ結構な年月が経ちます。

毎年一応出して飾ってはいますが、装飾品である龍の付け根部分が壊れてちゃんと嵌まらなかったりとまぁある意味ビンテージ感満載。笑







この兜はたしか田舎のおばあちゃんが買ってくれた記憶があります。

付属の説明書も当時の写植時代バリバリの印刷物です。
写植の印刷物をみると、デザイン会社で働いていた頃を思い出し、まだまだ製版屋さんが業界にたくさんいた時代。

印刷物作るにしてもとても多くの時間とたくさんの人たちが関わっていたのです。
そんな思いに少しばかり浸っているそばで息子がどんどん小さな鯉のぼりや旗の飾り付けをしていました。





鯉のぼりと言えば昔はよく見かけましたがマンション住まいになり、飾る事も少なくなってきているのだなぁと感じます。

僕は個人的にも兜も好きですが鯉のぼりが泳いでいるように風になびくのを見るのがとても好きでした。



あと子供の日は「ちまき」を食べるのがめちゃくちゃ楽しみで大好きでした。

ちまきって関東ではぜんぜんメジャーではないらしく、妻に聞いても知らない、柏餅のこと?とか言われて結構ショックでした。笑 

和菓子屋さんでもたまに見かけるくらいでした。
最近でこそ少しずつ認知度が上がってきたのかどうかわかりませんが、ちまきを見ることも少しずつ体感的に増えてきている気がします。

大阪では面白いと人気なお笑い芸人が東京ではぜんぜん知られていない感。そんなちまきも今年は食べました。





久々に食べたちまき。
子供達は何これ??って反応でしたが食べるとおいしい。

そう美味しいのです。笹の葉に包まれたほんのり甘みのあるもちのような食感。
これもまた子供達の心の記憶に残って欲しいものです。
 


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る