JOURNAL

卒園。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



桜の花もちらほら咲き始めてきた今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか??

3月に入ってから仕事も少しバタつきはじめそれ以外に毎週末には子供達のイベント行事に行ったり、PTA活動で駆り出されたりとなんだかよくわからない時間を楽しくすごしています。



そのような中、ついに指折り数えてきた娘の卒園式がありました。
もう小学校に向けてランドセルの準備や色々細かいものもありますが、とにかく個人的にもこの保育園の卒園式を楽しみにしてました。

娘も何日も前からとても楽しみにしていた行事。
ちなみに、うちの娘の特徴として保育園での行事の練習内容を絶対に教えてくれないのです。

もちろん今回の卒園式の練習もしていたらしいですが何をしていたとか全く教えてくれなかったです。



そんな娘も卒園式に着る袴や靴を何度も部屋の中で試着していたのですが、卒園式当日がまさかの雨…。
(雨男で申し訳ない)

雨では仕方がないということで普段の長靴を履いて行くことになりました。
コロナ禍ということもあり、会場のソーシャルディスタンス具合も配慮されていました。
今思うと兄も頃の卒園式は本当に晴れててわいわいガヤガヤと賑やかだった頃がまるで嘘のようです。





娘のクラスでも袴の女の子が数人いました。
男の子は半ズボンタイプのスーツがかわいかったです。オフィシャルのカメラマンなのか誰だかわからない望遠レンズで頑張って記録しているお父さんや父母の会という未だ謎の会の司会をしているお母さん方。

僕もイラストを描いたりして少しでもお役に立つよう参加させて頂きました。
卒園証書を受け取る子供達の姿をみて少し込み上げてくる感情。

あっと言う間だった気もするけど実際はそんなこともないし、まだまだこれからも大変なんだろうなぁという気持ちを胸に雨の卒園式を終えました。

兄の頃は毎週末集まって父母の会からの出し物のダンスの練習をしたりしてお父さん達との謎の絆も生まれたりしましたが、今回は出し物もなくなり、謝恩会なども中止です。

なければないで少し寂しい気もしますが、こんな世の中の流れには逆らうこともできず、帰宅後からまた普段どうりの生活にもどりました。



ただ、娘にはいい子に育ってくれてありがとうという気持ちと本当に卒園おめでとう!!という気持ちを伝えました。
4月からはいよいよ小学校です。

残りわずかではありますが悔いのないよう楽しんで日々過ごしてもらいたいです。

 


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る