JOURNAL

Doggyとミコト

“Better late than never” 

明けましておめでとうございます (笑)  Kennyです。
激動と呼んでも過言ではなかった2020も幕を閉じ、
時は何事にも構わず進み続けるということを知らしめられ、さて始まりました2021年

 

今回のお話は「Doggyとミコト」です。

Doggyのインスタグラム で展開される、彼と僕の長男ミコトのストーリーをお届けします。

 


 


ミコト(1月16日に3歳になりました!)がこの家族を選んでやってきて以来、なぜだか男によく懐く。
女性の先生やお友達よりも男性一筋。
前保育園では、到着するや否や、男性職員さんのお膝を占領、抱っこもおむつも君指名ね、と言わんばかりでした。


もちろん極度のパパっこでお風呂も寝んねもパパ指名。正直さすがに「あーほっといておくれ」と思う時もあります、、、しかしこれも今だけだと思うと我慢できる(笑)

 

 

そんな中で、ミコトが唯一マイメンと呼ぶ(多分呼んでいる)存在がDoggyこと清水雄太です。
彼らはなんだか奇妙で特別。

年齢とか、まじで関係ねーよなBro!って感じなのです。

髪型も似てるし、悪意のない悪ぶれた笑顔、なんとも面白く類似すること多々あります。

 

Doggyはミコトと本当によく遊ぶ。

そしてDoggyはそんな瞬間をカメラに収める。それが本当に素晴らしい。

 

 

何が素晴らしいって、僕ら親が知らなかったミコトに気付かされるということ。

 

Doggyの写真は、ミコトのユニークで愛らしい表情だけじゃなく、

ミコトのカッコいい顔の瞬間とか、すごく考えてやっていた行動だったんだな、とか、こんな風に友達と接してるんだ、とか、そういうことを僕らに教えてくれる。

親の目線でしか見ることのないミコトを、Doggyの写真によって、違う角度で息子の成長を楽しんでいます。

 

僕と妻は、常々考えていることがある。

子供は、僕らの子供ではあるが、所有物ではないということを。

子供はこの世界に誕生した時から1人の尊い存在、僕らと何も変わらず。

 

そしてその存在は、僕と妻だけで育むのではなく、この世界に存在する全てのものやこと、人によって、大切に守られながら、己で学び成長していくべきこと。

 

#NEO家族 は子供たちにとっての先生であり、親であり、友人である。

子供にとって、僕と妻のみが彼らの世界に成ってはいけない。

混ざり合って、尊重しあって、愛し合って歩くってのが我々の考えです。

 

Doggyとミコト、2人は親友です。

 

 

Kenny

 

*photos by Doggy

ページの上部に戻る