JOURNAL

クリスマスツリー。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



毎年クリスマス時期が近づいてくると子供達がざわついてきます。
娘はまだ年長さんということもあり、あと何日したらサンタさん来るの?を毎日聞いてきます。

というか12月に入ってからはほぼ会話の内容がサンタさんです。
娘にとってサンタさんが謎すぎて気になって気になって仕方がないのです。ということで少し早めにクリスマスツリーの準備をしてもらうことにしました。







今あるクリスマスツリーですが、僕が子供の頃に実家にあったものよりかはもう少ししっかりしていているものの毎年飾るものが少しずつ変化していて、
母親のワークショップで作ったものや、友人のアート作品や世間一般的な感じの飾り付けのアイテムとは少し趣が異なっているのですが、子供にとってそんなのはどうでもよいみたいで飾りをつけてライトアップすれば良いみたいです。笑

まあ一年に一度の楽しみですし、基本子供達が飾りたいものを飾ればよいと思っています。
でももうそろそろ本体であるベースの木は何年も騙し騙し使用していて老朽化しているし、娘が小学生に入学したらあたらしいツリーに買い替えても良いのかもと考えています。





クリスマスといえばサンタさんの存在やプレゼント問題いろいろありますが、皆さんは何歳くらいまでサンタさんという人物の存在を信じていましたでしょうか??
僕は正直4年生までは確実にサンタさんの存在を信じておりました。これが恥ずかしいのかどうかはわかりませんが、それだけ親がうまくクリスマスの世界観を作ってくれていたんだなぁと思います。

なので僕も親となった今、できるだけサンタクロースの存在を通じて子供とのたのしいクリスマスという時間をできるだけ続けていければよいなぁと思います。







自分の親がしてくれていたプライスレスな時間。
自分の子供にだからこそできる無償の感覚。そんな無償の感覚をこれからもクリスマスだけでなくいろんな場面や出来事で子供と接していければよいです。

というか当たり前のことなんだろうけどまだまだ自分の時間や価値観も大切ですが、より未来ある子供達に形はもちろんですが良い価値観を残して受け継いでもらえればと思います。





そのようなことを、今年のクリスマスも無事に終え、クリスマスツリーを子供達が片付けているのも見ながら感じていました。
 

来年も楽しいクリスマスになるように、また自由にクリスマスツリーの飾り付けしようね。

 


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る