JOURNAL

おばあちゃんの庭

3連休は都心を離れておばあちゃんちへ。
目的は自然と土と触れ合い、四季を感じること。
5感をフルに使って経験すること。


おばあちゃんの庭に放ったらかしの柿が実っていたから、子ども達と柿の収穫をしました。木が古いので登って取るには危険。
切って掴める収穫バサミを使い、高いところにある柿をたくさんとりました。


おばあちゃんが「スーパーで買う柿は作られた甘さのを感じて甘過ぎる」と言っていましたが、食べたら納得。
放ったらかしの柿は自然な甘みで甘過ぎず、柿本来の旨味が感じとれる!


10個くらい一人で食べられちゃいます。口の中に変な甘みが残らない!
そんなことをしているうちに、近所の方から電話が。

「ハヤトウリ」があるから取りに来ていいよというから、勿論ご近所のおばちゃんの畑へ。

大きな立派なハヤトウリ。我が家は味噌汁にしたり、塩麹で揉んで漬けたり、ぬか漬けにしたりして頂きます。
小学校では電気係と収穫係のお兄ちゃん。収穫は本当に大好きで、つい取りすぎてしまう様です。

自然の恵みの有り難さ。
自然に戻ることの意味。
ご近所で助け合う事。
喜びやワクワクをシェアすること想いが複雑に絡み合って、心がポカポカになりました。

ページの上部に戻る