JOURNAL

ゲリラ花火。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



いつもの週末。息子はドッチボールの試合が近いせいか練習時間も長くやっているようです。
娘は図書館で借りてきている絵本を朝からずーっと音読しています。嫁はワークショップなどが最近また復活したようで出張に行ったりしているようです。僕はあまりいつもと変わらずイラストの仕事をしつつ家事や育児を楽しんでいます。

大体夕方には家族が揃って夕飯何を食べるかとかそんな何気ない話をしていました。
風呂に入って晩ご飯を食べていると、息子が今日花火あるんだよ!というので、え?まさか?こんなに涼しくなってから花火?え?何それ?
どうやらドッチボールのコーチから教えてもらったらしく花火をするらしいのです。僕はてっきりドッチボールのコーチやら監督たちと練習場所に集まって花火でもするんだろうと思っていたのです。

じゃあ僕は後から行くから先に行っててということで歯を磨いていたところ、「ドン!」という音が響いて、「!!」
そろそろはじまったのかと外出する準備を終え玄関のドアを開けるとマンションの住人が数人いて花火を見ているようでした。
どうやら本気の打ち上げ花火のようで、慌てて河川敷の方に行くと結構な数の人がみな花火を見ていました。











打ち上げの数としては本当に短い体感的には10分?くらいの花火でした。
えーなんだろう??という疑問なんかどうでもよくなるくらい凛とした空気の中夜空に打ち上がる花火はなんとも言えない美しさがありました。ゲリラ花火ありがとう!!

 



 


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る