JOURNAL

ロバート。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



みなさんは普段どのような働き方してますでしょうか?おそらく会社にお勤めの方は電車に揺られながらの毎日かと思います。僕のようなフリーランスでしたら普段の生活圏内で仕事をこなす方も多いと思います。今の世の中色んな働き方があると思いますし、時代によっては働き方にも変化が訪れたりするのだと思っております。



僕は子供が出来るまでは事務所をデザイナーさんとライターさんとで間借りして仕事していました。

もともと友達でもなく知り合い程度で始まった不思議な空間でしたが、各自の職種を活かして一つの仕事をしたり互いに仕事関係の人たちを紹介したりと自分一人ではとても繋がる事ができないような関係を築く事ができたりととても楽しかったです。

まあ何よりのメリットとしては生活と仕事のメリハリがつく事が大きく事務所の家賃や光熱費もあるので必死に働くのです笑。



事務所で仕事をしていた数年間は本当にかけがえのない貴重な時間だったと今でも思います。

子供ができてから生活リズムに変化が加わり自宅で作業してますが、タイミングみてまた事務所の間借りもいいかもなぁと何となく思ったりしています。





そのような中、先日たまたま知り合いのデザイン会社さんからのご依頼でコワーキングスペースのキャライラストを描かせて頂きました。

そもそもコワーキングスペースってご存知でしょうか?多分簡単に言えばシェアオフィス的な感じの場所です。まあ仕事に限らずいろいろな使い方が出来るのが面白いところかなと思います。





僕の周りでもシェアオフィスを利用して働いているクリエイターの方も多く、自分の時間の使い方を最大限有効利用しています。そしてこのようなコワーキングスペースは全国に沢山あるのです。

特に事務所を借りるのに初期費用は結構かかるものですが比較的コストを抑えて起業や仕事時間を作ったりと使い方次第では便利な空間だなぁと思いました。





あと場所なのですがこれがまた若者の街?下北沢駅近くという立地がとてもユニークなのもポイントですね。

下北沢には昔よく買い物や街ブラしてた時代があり改めて今仕事を通じて懐かしのエリアでお仕事できたのもうれしい限りです。





イラストレーターをしておりますと普段から比較的篭って作業することが多いので仕事自体のやり方や環境がさほど大きく変化してませんが、世の中のリモートワーク化によって今まで外で打ち合わせしていた事はほぼなくなってオンライン上で打ち合わせするのが当たり前になっています。

それはそれで時間の効率化も図れるし、良いのですが僕の場合は打ち合わせで外に出かけるのが息抜きにもなっていたので困惑気味ではあります。ただこのようなコワーキングスペースを利用することにより仕事はもちろんですが、息抜きや普段の日常とは少しちがった角度で物事を考えたりするのもよいのかもしれません。




それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る