JOURNAL

この冬の成長

この冬は3歳になり
ちょうどイヤイヤ期がフェードアウトしてきた時期でした。

年末年始に行った台湾旅行でも
ベビーカーなしで街を散策できるようになったり、夜市の屋台ゲームでは隣の子を見て見様見真似でプレーする姿がたくましく見えました。

中でも、台湾茶を入れる親の姿を見ていたせいか、自宅で「お茶飲もう〜」「ぼく(お茶入れるの)できる〜やらせて〜」と言ってきたのには驚き。

私は熱いし、茶器が割れて怪我したら大変(もちろん後始末も大変だ)と思いながらも、「熱い」とか「茶器が割れたら危ない」からなんて言っても通用しない年頃になってきたのも分かっていた。


ひとまず、3歳の君に一通り説明し少しお茶が覚めてきたのでやらせてみることに。.........

なんと!1発合格!!君はまたひとつ経験値が上がった!親の覚悟と見守る力、信じてやらせてみる力、いわゆる「育児力」が試されてるな〜と感じた出来事でした。

今ではさらに成長を遂げ、何回か「ママー!」と言われても返事ができない時があり、どうにか振り向かせようと考え抜いた3歳の君は私に


「おばさん!」と言ってきたのだ。

なんて賢い子なんでしょうw1発でママを振り向かせたのでしたwその反応が面白かったようで、今ではこの小技を使ってきます。皆さんはこの冬、親子の成長で何か気づきはありましたか?I

G→@y831325

ページの上部に戻る