JOURNAL

大井競馬場フリーマーケット。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。





仕事柄相変わらず引きこもり作業が多い日々です。
先日気分転換にいつものようにYoutubeをみていましたら、フリーマーケット関連のチャンネルを発見しました。なんとなーく観ておりましたら、なにやら大井競馬場でフリーマーケットが定期的に開催されているということを知り、競馬場でフリマ?という組み合わせが妙に面白そうだったので家族で行ってきました。





競馬場に着くと飲食の屋台や野菜を販売しているエリアなどもあり、とにかく大勢の人がいました。とはいえお昼前に着いたのでスタート時にはもっとバイヤーなどプロの転売屋などもっとごったがえしていたであろう事が予想されます。基本的に競馬場がお休みの時に開催されているようです。フリマ会場は主に駐車場を使用して行われており結構広く感じました。














フリマ会場では家族や古物商おじさん、あきらかに日本語ではない言語の人、とにかく全品100円のおにいさん、様々な人が出店されていました。出品されている数も凄いですし何これ?感強めの物やあきらかにガラクタだよね感も相まって欲しいものがあれば良いけどまあ無理やりこれ買っとくか感が強くなってしまう不思議な空間に感じました。子供達はとにかくおもちゃ系に興味があるみたいで自分で値段交渉したりして見てて面白かったです。

 







今回は子供達に軍資金として500円ずつ渡しており、この金額を通してフリーマーケットとは何なのかを身を以て体験してもらいました。未知なる世界に?少し興奮気味な子供たちを見ながら心の中でやっぱフリマって早く行かないと良品はないんだろうなぁと改めて思いつつ。ランチを屋台で食べてから各々気になっていたお店に行きつつ14時ごろにはもう閉店作業があちらこちらで始まっていました。




そんな中やたらと人だかりがあるエリアがあり、のぞいてみると何と無料とのことでした。無料となるとここぞとばかりに人間の欲望というか物欲が爆発してガサゴソと盛り上がっておりました。気づくと子供達も色々これはアリなのか?的な物を物色していて両手にはふくろいっぱいの無料の何かをもっていました。最終的にはこの場所通って良かったね〜とか言いながら会場を後にしたのでした。








そもそも今回フリーマーケットに行くのがかなり久しぶりでした。海外の方もたくさん来ていました。
ふと海外旅行にいって現地のフリマに行ったりした事を思いだしましたがこれって海外の人からしても日本のフリーマーケットを楽しむという互換性に改めて気づけたのかもしれません。フリマを通してその国の良さや文化を知れるのではないかと。


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る