JOURNAL

りんご音楽祭2019。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。



早いものでもう12月。
前回の家族で初めての野外フェスとしてフジロック(お仕事絡み)に行ってきたのですが、今回は完全にプライベートでりんご音楽祭という野外フェスに家族で参加してまいりました。僕個人的にはなんとなく前から名前からして気になっていたフェスでしたが実際に行くという気にはなれず数年経過していたような感じでした。


しかしここ昨今子育てに少し余裕が出たのか仕事が調子良いのかわからないですが僕と同業のイラストレーターの嫁さんのライブ活動(主にバンドの追っかけ?)が目まぐるしくなってきておりまして、りんご音楽祭に家族で行こうという流れになったのです。しかもテント泊ということで色々ネットサーフィンしつつ情報を集めはじめました。はじめて行く場所でもあったのでテン場の規模や駐車場のあるなしなど調べていくうちにフジロックの規模が大きすぎたのかこじんまりとした感じのフェスだということがわかりました。とはいえ毎年開催されている伝統あるフェスのようで期待が高まりました。


















今回も子連れという問題があるので思い通りにさくさくと行くとも思っていない分確実に駐車場とテン場の確保だけはマストでした。ということで無理やり仕事を中断し、少し仮眠して夜中に子供達を無理やり起こし夜から長野方面に出発しました。明け方に会場そばの駐車場に入ると警備員の人があと5台くらいで満車だねと…かなり余裕を持ってきたつもりでしたがなんとか駐車場に止めることができました。というか来ている人は皆夜中から停めてるようでかなり危なかったです。次にかなり小規模なテン場の場所を確保しつつテントを張っていると開場の時間でした。






















りんご音楽祭というだけにりんごを買ってとりあえず食べながらアルプス公園内を歩きます。きのこステージに始まり、そばステージ近くにはタイ式マッサージや足湯などもありました。ネーミングもゆるくてかわいい感じがします。他にもわさびステージ、おやきステージ、いなごステージ、そしてメインのりんごステージです。もちろん子連れにやさしい休憩広場やローラー滑り台などもありました。今回も片親ずつステージを見ながら子供達が楽しめるこども冒険広場に行ったりと、育児を交代制で行えたのも良かったです。
 












 

夜はテントに戻りご飯を食べて即寝でした。2日目も恒例のりんごを食べて各ステージ歩き回りました。家族でフェスに行くという事を数年前までは考えもしなかったですが今回も沢山の大人、子供、外国人、音、文化、長野と触れ合うことが出来たかと思います。子供達の思い出として記憶に残してもらって何かの良いきっかけになれば良いなぁと思います。次はどんな場所に行こうかな。
 


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る