JOURNAL

Exhibition in Taiwan and Japan。

こんにちわ。

ナカオテッペイです。





イラストレーターをしていますと普段お仕事としてのイラスト制作と個展やグループ展等、お仕事で依頼されるのではなく自発的に発表するイラスト制作があります。ここ数年は年に一度は個展やグループ展に参加するようにしています。

もちろんお仕事ではないので展示発表なんてしないというイラストレーターの方も沢山いると思います。過去に僕自身若い頃は何度か個展をしたりしていましたが絵などもあまり売れずイマイチ発表する意味がないのではないかと思いしばらくは全然個展やグループ展にすら参加していませんでした。そのうち結婚して子供が生まれさらに独身時代には沢山あったであろう時間が少なくなりますます展示する気にもなれずにいました。むしろ興味すらなくなっていました。

そんな中イラストのお仕事をどんどんするようになって子供たちともイラストの話や子供の将来の事など漠然とですが考えるようになり改めて自分のイラストの可能性について考えるようになりました。仕事のイラストばかりしすぎるとストレスになり消耗してしまうということも何度も何度も経験してきました。なのでできるだけ今はバランスを考え仕事を選びオリジナルのイラスト制作の時間を作るようにしています。他の同業者からしたらそんなの当たり前だろって思われるかもしれませんがとにかくイラストの仕事はほとんど断ったことがないくらい今までやってきていた自分の中ではそのバランスを保つのが精神的にとにかく難しかったのです。そうこうするうちに今では沢山の楽しいお仕事もやりつつオリジナルのイラスト制作もようやくバランスをたもちつつ出来きるようになってきたと思います。





話は長くなりましたが、先日の台湾出張でグループ展にも参加してきました。
場所は台北にあるロンギャラリーという素敵なギャラリーです。展示準備中も2階のフロアでは別の作家さんによる色々なアート作品が展示されていました。今回はGLOBAL FIGURE SHOWCASE というART SHOWに参加させて頂きました。ついでに僕は別フロアでのマトリョーシカ展にも作品出展させて頂きました。













オープニングレセプションは沢山のお客さんに来て頂きとても大盛況でした。改めて海外でアート交流ができるのは楽しいものだと思いました。僕の作品を気に入って購入までしていただいたみなさまありがとうございました。




帰国後すぐTAIPEI TOY FESTIVAL2019でも一緒だったアメリカ人夫妻のクリスとジョーダンの個展があり行ってきました。ギャラリーの名前はALMOST PERFECT(オールモーストパーフェクト)。下町にある古民家を一軒改造した変わったギャラリーでオーナーはスペイン人の方でした。お客さんの層も外国人率が高く独特な雰囲気でした。クリスとジョーダンも作品の説明をしたり終始和やかな雰囲気で居心地の良い空間でした。日本の事をもっと好きになってくれるとよいなぁ。

















今回は自分の展示も含め沢山の異文化交流も出来、なにより沢山の刺激を受けて次に繋げる何かを考えるきっかけがあったことがとても嬉しかったです。このような機会を与えてくださった皆さまありがとうございました。


それでは〜


ナカオテッペイ

 

ページの上部に戻る