JOURNAL

Communication

ベルリンに住んでいた時からのお友達、テキスタイルデザイナー/アーティストのChiaki Fujiiさんが携わっているカレンダーの展覧会にいってきました。

福岡の雑貨屋さんHACHIJU-ICHIさんにはChiakiちゃんの描いた原画やテキスタイルが。

只松靖浩さんの言葉にChiakiちゃんの絵が添えられたカレンダー。

柿渋の液を使ってプリントされた作品。時が経つにつれ色が変化していきます。

 


Chiakiちゃんはお互いにベルリンに住んでいるころから仲良くさせてもらっていて、私がイベントに出展するときには何度も協力してくれた、とても頼れる人です。洗練された感性で空間を作ってくれ、華やかにお客さんとお話ししてくれます。

遊んでいて、また一緒にお仕事させてもらって思うのは、彼女はコミュニケーション能力がすごく高い。彼女の素晴らしい笑顔は、相手の警戒心をすぐに解いて心の距離を縮めてしまうし、発する言葉はいつもポジティブで優しくて面白いから、みんなを安心させ元気にしてくれる。こちらの気持ちもすぐにわかってくれて寄り添ってくれる。

コミュニケーションとは語彙でもテクニックでもなく、人間の中身そのものなんだなぁということを、私は彼女から学びました。(もちろん彼女の英語はすばらしいのですが。)

素敵な人がつくる作品はやっぱり素敵でした。あたたかくておしゃれで品がいい。

久しぶりに家族でChiakiちゃんに会えて作品に触れることができ、とても嬉しい、パワーをもらえた時間でした。

ページの上部に戻る